ジクレー・アート


写真家岩切卓士作品


アクリル、キャンバス、特殊紙 様々なメディアでのジクレー・アート作品例


イラストレーター菅野カズシゲ作品(左原画・右ジクレー)

原画とアート・ジクレーの判別に苦労



ジクレーとは、フランス語で吹き付けて色を付けるという意味でリトグラフ、シルクスクリーンに続く、アート表現技法です。写真家としても有名なミュージシャン、グラハム・ナッシュ(Crosby,Stills,Nash and Young)1990年に最初に採用しました。

 

☆ 金羊社の技術チームと当社デザインチームに外部アーティストを加えフレスコ(漆喰)ペーパーを始めとする様々な高級用紙と原画とのマッチングパターンをさらに研究開発しています。再現性・保存性の極めて高い顔料インキと高品質メディア(版画用紙・写真用紙・キャンバス等)を用い、高度なデジタル技術による色調再現とプリント技術により、原画と見紛うほどの再現性を実現します。