美白サプリ効果

中学・高校生におすすめの美白サプリはコレ!地黒・部活の日焼けも♪

更新日:

中学・高校生におすすめの美白サプリはコレ!地黒・部活の日焼けも♪

ここでは、中学・高校生におすすめの美白サプリをご紹介します。

実は最近、中学生や高校生でも美白に興味がある!という女子が増えてきているんです。

「地黒が気になる・・・」
「部活で日焼けしちゃったからなんとかしたい!」

など理由は様々ですが、透明感のある白い肌に憧れる女子が増えてきてるんですね♪

今現在は特に美白の必要を感じていない女子もいるかもしれません。

しかし、浴びた紫外線は蓄積されて将来的にシミやしわ、たるみの原因となってしまいます。

だから、将来の美肌のためには中学生や高校生のうちからUVケアをしておいた方がいいんですよ。

そこで、中高生の肌が黒くなる原因や中高生にオススメの美白ケアについてまとめてみました。

中学・高校生におすすめ!
美白サプリはこちら

 

地黒肌の原因|皮膚の中のメラニンの量

原因は?

地黒肌の原因って何なのでしょうか?

もともと色黒の人、色白の人っていますよね。

実はこれ、「皮膚の中にどれだけメラニンがあるか」によって肌の色が違ってくるんです。

メラニンは人の皮膚や髪の毛に存在する天然の色素です。

日焼けやシミの原因になるので悪者だと思われがちですが、実はそうではありません。

メラニンは紫外線のダメージから肌内部の真皮を守るという大切な役割があるのです。

もし、メラニンが無かったらお日様に当たっただけで真皮まで影響を受けてしまい、お肌はあっという間にボロボロになってしまいます。

そうならないようお肌を紫外線から守ってくれるのがメラニン色素なのです。

メラニンは紫外線を浴びると増えるというイメージがありますが、生まれつきメラニン量の多い人・少ない人がいます。

この違いは遺伝により決まってしまうので、もともと地黒の人がいるというわけなのです。

ただ、
「もともとのメラニン量が決まっているから美白はムリ・・・」
なんて諦める必要はありません!

生まれ持ったメラニン量が多くても、生活習慣やUVケアでメラニンの量を減らすことができるんです。

逆に言うと、地黒だからと諦めてUVケアを何もしないと更にメラニン量が増えて、もっと肌が黒くなってしまうことだってあるんですよ。

ですから、地黒の人でもVケアや美白ケアをちゃんとすることでメラニン量を減らして、色白肌に近づくことも十分可能なのです。

中学生・高校生の肌が黒くなる原因、肌を白くする方法

紫外線

中学生・高校生の肌が黒くなってしまう原因は何でしょうか?

もともと地黒肌ではなくても、中学生や高校生というのは肌が黒くなりやすい時期です。

何故かと言うと
・通学
・体育の時間
・部活
など、日常生活の中で紫外線を浴びる時間が多いからです。

もともと地黒の人は、更に紫外線により更にメラニンが増えてどんどん色が黒くなってしまうこともあるんですよ。

また、中高生になると日焼け止めなどで紫外線対策を考える女子も増えますが、小学生の頃は気にせず日差しをガンガン浴びている子が多いのではないでしょうか。

紫外線は蓄積するので、小学生時代に浴びてしまった紫外線のせいでメラニンの生成量が増えてしまっていることも、中高生の肌が黒くなってしまう原因の一つでしょう。

ちなみにメラニンはメラノサイトという細胞で生成されるのですが、紫外線を浴びすぎるとメラノサイトが暴走して紫外線を浴びていない時もメラニンを作るようになってしまいます。

シミが増える原因なので、紫外線の浴び過ぎには十分注意しましょう。

[肌を白くする方法1]日焼け止めを使ってメラニンを増やさない

それでは、黒くなってしまった肌を白くするにはどうしたら良いのでしょうか?

まず一つ目は
「日焼け止めを使ってこれ以上メラニンを増やさないようにする」
です。

日焼け止めは紫外線から肌を保護することでメラニンの生成を抑制する効果があるので、「肌を白くしたい!」「これ以上黒くしたくない!」という中学生や高校生には必須のアイテムですね。

実際、体育の授業や部活など日焼けが気になる時には日焼け止めを塗っている女子も多いのではないでしょうか。

しかし、紫外線とは蓄積されていくもの。

本当は日差しをたくさん浴びるときだけではなく、日常生活においても日焼け止めは塗っておいたほうが安心です。

とは言えちょっとの外出でもいちいち日焼け止めを塗ったり、1日に何度も塗り直したりするは大変ですよね。

そこでオススメなのが、飲む日焼け止めです。

従来、日焼け止めはクリームタイプやスプレータイプなど、肌表面に塗るものが主流でしたが、最近ではたくさんの種類の飲む日焼け止めが出てきているのです。

そもそも、飲む日焼け止めはどうして飲むことで効果があるのでしょうか?
その理由は「抗酸化作用」にあります。

大まかに言うと飲む日やけ止めには抗酸化作用のある成分が含まれており、紫外線により発生する活性酸素を抑制する働きがあるのです。

日焼けの原因となるメラニン色素は、肌細胞が活性酸素から受けるダメージを代わりに引き受けてくれます。

つまり、活性酸素を減らすことでメラニン色素の生成も抑制できるので、結果として日焼けを予防できると言うわけなのです。

飲む日焼け止めの主成分

飲む日焼け止めの主な紫外線対策成分には
・フェーンブロック
・ニュートロックスサン
があります。

今のところ、飲む日焼け止め成分として効果が実証されているのはこの2つだけです。

フェーンブロック

飲む日焼け止めブームの先駆けとなった「ヘリオケア」に配合されているシダ由来の成分で、現在では「PLエキス」「シェードファクター」とも呼ばれています。

フェーンブロックには強い抗酸化作用があるので、紫外線を浴びることで体内に発生するフリーラジカル(活性酸素など)を破壊する働きがあります。

フリーラジカルを壊すことでシミやシワを予防したり、肌のハリを保つコラーゲン・エラスチンを作り出す線維芽細胞を守ったりする効果があるのです。

また、紫外線を浴びると肌が赤くなってヒリヒリすることがありますが、このヒリヒリを抑える働きもあります。

もともとは医療機関で使われていた成分でもあり、その美白効果は様々な実験で確証を得ています。

紫外線対策には高い効果がありますが、シダ植物由来の成分なのでアレルギーがある人は注意してくださいね。

ニュートロックスサン

シトラス果実ローズマリーの葉からと抽出された数種類のポリフェノールを、特定の配分で混ぜたものです。

フェーンブロックと同じように高い抗酸化作用による日焼け止め効果があります。

また、活性酸素の除去以外にも紫外線による肌老化(光老化)や肌の炎症を鎮める効果もあり、働きとしてはフェーンブロックと大差はないでしょう。

「フェーンブロック」は主に「ヘリオケア」をはじめとする海外製の飲む日焼け止めに、「ニュートロックスサン」は「インナーパラソル」や「ホワイトヴェール」などの国産の飲む日焼け止めに配合されています。

>>日焼け止め成分配合!おすすめの飲む日焼け止めは?

飲む日焼け止めの注意点

飲む日焼け止めは、飲んでさえいれば日焼けの心配をしなくても良いというわけではありません。

あくまで補助的な役割であり、肌表面に降り注ぐ紫外線をカットできるものではないので強い日差しを浴びる時は塗る日焼け止めも併用した方が安心です。

ただ、日焼け止めを塗ることができない部分や塗りムラ、塗り忘れなどによる紫外線ダメージを減らすためには飲む日焼け止めはとても役に立つ存在です。

飲む日焼け止めだけに頼りすぎず、塗る日焼け止めや帽子・パーカーなどの紫外線対策グッズも上手に使って肌をしっかり守りましょう!

[肌を白くする方法2]美白サプリでメラニン・すでにあるシミ・そばかす・くすみ・ニキビを消す

すでにあるシミやソバカス、くすみなどを手っ取り早く消したい場合は、日焼け止めだけではなく美白サプリを飲むのがオススメです。

美白に効果のある成分は色々ありますが、代表的なものは
・プラセンタ
・L-システイン
などです。

プラセンタ

「胎盤」を意味するプラセンタは、その名の通り胎盤(主に豚や馬)から抽出される成分です。

プラセンタには胎児の成長を促す様々な成分や活性化物質が含まれており、肌のターンオーバーを促進したり自然治癒力を高めたりする働きがあります。

肌のターンオーバーを促進することで古くなった角質の排出を促し、不要なメラニンも押し出すことでシミの予防や改善に効果があるのです。

また、プラセンタにはメラニン生成に関わるチロシナーゼの働きを抑える働きや、メラニンにより肌が黒くなるのを抑える働きもあります。

>>副作用のない美白成分!おすすめのプラセンタサプリはこちら

L-システイン

肌のターンオーバーを促進・正常化することで余計なメラニンの排出を促したり、過剰なメラニンの生成を抑制したりする効果があります。

また、黒色メラニンを無色化してくれるので、できてしまったシミにも効果的です。

他には肝機能を改善する効果もあります。

肝臓が疲れると肌が黒ずんできますが、その黒ずみを改善してお肌をパッと明るくしてくれるのです。

ちなみに、L-システインはビタミンCと一緒に取ることで美白効果を発揮してくれるのでビタミンCも忘れずに取りましょう。

>>L-システインを配合!確かな美白効果が認められた美白医薬品はこちら

[肌を白くする方法3]美白化粧品でメラニン・すでにあるシミ・そばかす・くすみ・ニキビを消す

プラセンタはサプリメントで取るだけではなく、化粧品として肌の外側からのケアに使っても効果があります。

プラセンタには肌のターンオーバーを促進する働きやメラニンを黒色化するチロシナーゼを抑制する働きがある他

・天然保湿成分のもとになるアミノ酸
・細胞分裂を活性化する成長因子
・抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE

などの豊富な栄養素が含まれており、シミやそばかすの予防や改善に効果的なのです。

化粧品に配合されている有効成分は、精製する中で効果が減ってしまうものもありますが、プラセンタエキスの有効成分は留まりやすいという特徴があり、効果が高いのです。

>>美白に効果のある美白化粧品はこちら

美白サプリの選び方

美白サプリの選び方

美白サプリの選び方をご紹介します。

美白サプリを選ぶ時は成分の配合量もポイントですが、コストパフォーマンスも重要になってきます。

高いサプリほど効果も高そうに感じるかもしれませんが、サプリには即効性がないのである程度の期間続けることが大切です。

特に中学生・高校生の方は自由に使えるお金が少ないこともあり、無理して高いサプリを選んでしまうと飲み続けられず、結果として無駄になってしまうこともあるんです。

かといって安すぎるサプリは効果が期待できないものも多いので、それなりの価格で少なくとも数ヶ月間は続けることができる程度の価格帯のサプリを選ぶのがオススメですよ。

中学生・高校生におすすめの美白サプリとは?

美白サプリの選び方をもとに中学・高校生におすすめの美白サプリをご紹介します。

FUWARI

プラセンタサプリFUWARI(ふわり・フワリ)

中高生の場合は余計な成分で美白するのではなくホルモンバランスを整えたり、肌のターンオーバーを正常化して余分なメラニンを排出したりすることで美白する、プラセンタのサプリがオススメです。

「FUWARI」は、アミノ酸量が豊富な高純度の豚由来プラセンタを1日分にたっぷり360mg配合。

効果をしっかりと得るためには1日300mg以上のプラセンタが必要なのですが、この配合量であれば十分ですよね。

更にアスタキサンチン・ビタミンE・ヒアルロン酸・エラスチン・セラミドの5種類の美容成分も配合しており、これ一つで美白も美肌にも効きますよ。

定期コースであれば1袋1ヶ月分で初回は税込み980円、2回目以降も税込み3480円で購入できるので、自由に使えるお金があまりない中高生でも続けやすい価格です。

また、90日間の返金保証制度もあるので気軽に試しやすいのもメリットですね。

FUWARIの購入はこちら

ホワイピュア

ホワイピュア

「ホワイピュア」は、実はサプリメントではありません。

第3類医薬品であり、厚生労働省により有効成分の効果と安全性が認められている「薬」なのです。

美白に効果のある有効成分としてL-システインが含まれている他、

・メラニンの生成抑制効果のあるビタミンC
・メラニンの沈着を防ぎ、紫外線の防御にも役立つビタミンE
・皮膚のターンオーバーを促進するビタミンB2
・肌の健康を保つビタミンB6

なども配合しているので、トータルでシミやそばかすの予防・改善に効くのです。

定期コースの場合、初回は1ヶ月分税抜き2,900円、2回目以降は税抜き4,930円とやや高いですが、医薬品という信頼感や安心感がメリットですね。

ホワイピュアの購入はこちら

美白サプリランキング

プラセンタサプリ「FUWARI(ふわり)」

ホワイピュア

マスターホワイト

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

POLAインナーロック

-美白サプリ効果

Copyright© 【美白サプリ】ランキング1位はコレ!おすすめ色白サプリの効果&口コミ , 2018 All Rights Reserved.