美白サプリ効果

【L-システイン】効果的な飲み方は?シミそばかすに効く美白サプリ&医薬品の口コミ副作用

更新日:

ここでは、シミ・そばかすを消す美白成分”L-システイン”の効果・口コミ・副作用をまとめています。

突然ですが、あなたはこんな悩みはありませんか?

「気になるシミ・そばかすを消したい!」
「地肌が黒い、くすみが取れない…」

「肌荒れがひどい…」
「ニキビ・吹き出物が消えない…」
「年齢とともに、肌トラブルが増えてきた…」

こうした肌の悩み、諦めて放置してしまう人が多いのも事実です。

しかし、L-システインを摂取すれば、この悩みはすべて解決できるのです。

L-システインが配合された製品はサプリメントのような健康食品と違って、ちゃんと臨床実験を行って「効果がある」ことを国から認められた医薬品です。

だからこそ、気休めではなく、しっかりとあなたの肌の悩みを解決してくれるのです。

あなたも一度、L-システインを試してみてはいかがですか?

きっと、あまりの効果に驚きますよ!

L-システイン配合!
おすすめの美白医薬品はこちら

 

L-システインの効果的な飲み方・注意点

美白サプリの飲み方

L-システインは、処方薬と違い、飲み方が厳密に決まっている訳ではありません。

しかし、飲み方を工夫することで、L-システインを効果をより高めることができます。

せっかくL-システインを摂取しても、効果を十分に得られないとなるともったいないですよね?

これから説明する効果的な飲み方を実践して、お肌の悩みを解消してください。

【L-システイン 効果的な飲み方】飲み合わせはビタミンCと一緒に!

L-システインを摂取する時は、是非ビタミンCも一緒に摂ってください。

L-システインとビタミンCは、相性が抜群だからです。

L-システインの難点は、酸化に弱いこと。

そのL-システインの弱点を補うのが、高い抗酸化作用を持つビタミンCなのです。

L-システインとビタミンCは、どちらもメラニンの生成を抑え、ターンオーバーを促進します。

つまり、一緒に摂取することで、肌トラブルを解消して美肌に導く、高い相乗効果が期待できるのです。

>>L-システインとビタミンCの両方を配合!確かな美白効果が認められた医薬品はコチラ(今なら1ヶ月1,900円)

L-システインを飲むタイミング・時間

一般的に美容サプリメントは、夜に飲むことを推奨されています。

人間の肌は、睡眠時に修復され、新しく作られるからです。

しかし、L-システインは例外です。

メラニンの生成を促す成分は、朝から昼にかけて活発に働くためです。

L-システインの効果のひとつに、メラニン生成の抑制があります。

つまり、朝食後にL-システインを取ることが一番効果的なのです。

L-システインを飲む注意点

L-システインを飲むタイミングで、1つ注意点があります。

先程、いつ飲んでも構わないと話しましたが、空腹時は避けてください。

L-システインは、胃を刺激してしまう恐れがあるからです。

空腹時に胃が刺激されると、吐き気や胃痛が起きやすくなってしまいます。

そのため、L-システインに限った話ではありませんが、サプリメントや医薬品は、食後に摂取する方が胃に負担がかかりません。

また、継続して飲み続けることが大切です。

体調に異常を来したり、どうしても飲むのがひどいなどない限りは、しっかり飲み続けるようにしましょう。

L-システイン摂取量

L-システインを扱っているメーカーによって差はありますが、多いものだとL-システイン摂取量の上限数値は1日240mgです。

L-システインに限らず、成分の過剰摂取は百害あって一利なしです。

摂取する際は取扱説明書に従い、用量を守って服用しましょう。

L-システインとビオチン・ビタミンCとの併用

先にも触れましたが、L-システインとビタミンCは共存関係にあります。

美容効果を高めるため、そして美容効果を補うために一緒に摂取しましょう。

また、L-システインと一緒に飲んだ方が良い成分は他にもあります。

皮膚や髪に、深い関わりのあるビタミンの一種、ビオチンです。

実は、L-システインの美白効果は、肌だけに作用する訳ではありません。

先程口コミの紹介の中で、白髪というキーワードが出ました。

髪の色は、メラニン色素によって黒くなっています。

そのため、L-システインのメラニンの生成を抑制するという特性上、白髪が増えてしまう人もいるのです。

一方、ビオチンは髪と頭皮のアミノ酸の代謝を促進し、育毛効果、血行促進効果があります。

一緒に取ることで、白髪の進行を防ぐことが出来ます。

ビオチンとビタミンCも一緒に摂取することで、吸収力が更にアップするので、3つ一緒に取ることをお勧め致します。

>>この3つを配合!おすすめの美白医薬品はこちら

 

L-システインを摂取するなら、食品やサプリよりも美白医薬品がおすすめ

おすすめの美白サプリ

L-システインが配合されている美容食品を取るなら、断然、美白医薬品がおすすめです。

というのも、医薬品はその名の通り医薬品です。

一定の効果が認められたものが、厚生労働省の承認を受けて商品化したものになるため、効果はもちろんのこと、安全性が高いと言えるからです。

サプリメントは手軽なものも多く、始めやすいメリットはあります。

しかしながら、美白美容は高い効果を求めたいものですよね?

美白医薬品は、研究、開発の進んだものが多いです。

効果・安全性・効率を考えるなら、美白医薬品の使用が良いと言えます。

 

L-システイン配合の美白サプリ・医薬品の口コミ・評判

美白サプリの口コミ・評判・評価

実際に、L-システイン配合のサプリメントや医薬品を摂取した人の声を見てみましょう。
色白と言われるようになり、肌色が明るくなったため、ファンデーションの色が合わなくなった。
地黒だったが、一皮むけたように肌が明るくなり、細かいシミが目立つようになってしまった。
二日酔い対策として飲んでいます。
飲み始めて数日、まだ効果はありません。
L-システインを取り始めてから、抜け毛が減った。

いくつかあげただけですが、8割以上が肌色の改善をあげています。

「ファンデーションの色をワントーン明るいものにした」という口コミが多数ありました。

上にあげた中に、「細かいシミが目立つようになった」とありましたが、これには理由があります。

L-システインは、ターンオーバーを正常にし、メラニンの排出を促進すると説明しましたが、シミの濃い部分は、他の場所に比べて色素が沈着しています。

そのため、他の部分はL-システインの効果で明るくなりますが、明るくなった分、濃いシミの部分はどうしても目立ってしまうようになります。

言い方を変えれば、確実に肌は明るくなっている証拠です。

根気はいりますが、飲み続ける価値はあるということ。

美白ケアには、L-システインが有効に働くことが分かりましたね。

L-システイン配合!
おすすめの美白医薬品はこちら

 

L-システインの効果・効能・メリットとは?

美白サプリの効果・効能

それでは、気になるL-システインの美白効果、効能、メリットを紐解いてみましょう。

【L-システイン 効果1】メラニンの生成を抑制する

L-システインは美白ケアにもってこいの成分です。

L-システインとビタミンCが結びつくことで、美白効果を発揮します。

メラニンの生成を抑制することもそのひとつ。

実のところ、メラニン自体は本来私達には必要なものです。

紫外線の影響から肌を守るためなのですが、量が問題になるのです。

紫外線を浴びた肌は、これ以上のダメージを防ぐために肌組織からメラニンを出します。

その際、一緒に出されるのがチロシナーゼという酸化酵素なのですが、このチロシナーゼがメラニンを黒くする犯人。

というのも、メラニン色素はもともとは無色ですが、チロシナーゼの作用により酸化してしまい黒くなってしまいます。

いわゆる黒色メラニン、シミの元です。

そして、シミはメラニン色素の沈着により起きます。

L-システインは、シミの元になるメラニンの過剰な生成を抑える働きがあります。

つまり、メラニンの量を適正にすることで、シミを防ぐ効果がある訳です。

【L-システイン 効果2】新陳代謝を高める

肌は、一定の周期で生まれ変わっています。

周期が早過ぎても、遅すぎてもよくありません。

周期が適正であれば、古い細胞と新しい細胞の入れ替わりがスムーズに行われるため、美肌をキープすることが出来ます。

肌が一定の周期で生まれ変わることを、ターンオーバーと言います。

ターンオーバーは、新陳代謝が正常に行われることにより正しいリズムで行われます。

新陳代謝は、アミノ酸によって正常に保たれます。

L-システインはアミノ酸の一種なので、当然、それらの働きを行います。

ターンオーバーが正常になることで、肌の再生機能も向上し、排出効果も高まります。

そのため、紫外線で傷ついた肌細胞を修復し、肌表面にあるメラニン色素を排出することも可能になるのです。

【L-システイン 効果3】ニキビなどの色素沈着にも効果的

ニキビは、同じ場所に繰り返し起こることが多いですよね。

ニキビが出来た時の肌状態は、炎症状態にあります。

先程から、メラニン色素の話をしていますが、メラニンは肌にダメージが加わると発生します。

つまり、肌は炎症を起こしている時もダメージだと認識し、メラニンを排出します。

そのため、ニキビの後に色素沈着を起こしてしまい、ニキビ跡になってしまうのです。

原因は違いますが、色素沈着を起こすメカニズムは一緒です。

つまり、シミ、そばかすだけではなく、ニキビにも効果的と言えるのです。

【L-システイン 効果4】高い抗酸化作用

体内では、紫外線を浴びたり、ストレスを感じたりすると、活性酸素という物質が発生します。

活性酸素は、体を酸化させることでサビ付かせる物質です。

また、活性酸素はシミの原因でもあります。

先程のメラニンの話と似ていますが、肌は紫外線を浴びると傷ついてしまいます。

ダメージから守ろうと、活性酸素が発生します。

量が適量ならば問題ないのですが、増えすぎてしまうと逆効果になり、かえって細胞を傷つけてしまうのです。

その活性酸素の影響を減らそうと動き出すのが、メラノサイトという細胞。

メラノサイトはメラニン色素を作って、活性酸素から細胞を守ろうとします。

過剰に発生した活性酸素の分だけ、過剰にメラニンが作られるようになってしまう。

こうした悪循環を止めるのが、抗酸化作用です。

L-システインには、増えすぎた活性酸素を除去する働きがあります。

L-システインが働いてくれれば、メラノサイトが過剰にメラニンを排出しなくなるので、結果的にシミ、そばかす対策に効果的です。

L-システインはどのくらいの期間で効果が出るのか

大体、3ヶ月くらいで効果が出始めます。

肌の細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)がある程度進み、隅々まで成分が行き渡るのが3ヶ月くらいとなる訳です。

ただし、効果には個人差があります。

必ずしも、3ヶ月で誰でも効果が認められる訳ではありません。

肌状態や、環境は個人個人で違うからです。

しかし、小さめのシミや、薄いシミはもっと早く効果が出ることもあります。

しっかり飲み続けることを意識しましょう。

 

美白成分 L-システインとは?

とは

L-システインとは、アミノ酸の一種です。体内の代謝を促進し、抗酸化作用もあることから、美肌を目指すのに不可欠な成分です。

主な働きとしては、以下の3つ。

1つ目は、肌の代謝、つまりターンオーバーを正常にすること。

2つ目は、代謝に必要なエネルギーを効率よく作り出すこと。

3つ目は、抗酸化作用で体を酸化させないこと。

L-システインが含まれる食品・食べ物は?

L-システインは、大きく分けると、魚類、肉類、大豆類の3種類に含まれています。

例えば、マグロの赤身、カツオやサバなどの魚類。

鶏胸肉、豚肉、牛レバーなどの肉類。

ピーナッツ、カシューナッツ、ピスタチオなどの豆類等があります。

その他、ナチュラルチーズや脱脂粉乳などの乳製品。

卵にも多く含まれています。

L-シスチンとL-システインの違いとは?

L-シスチンとL-システインは、どちらもアミノ酸の一種。

必要に応じて結合、分解をするため、L-シスチンとL-システインはお互いになくてはならない存在です。

L-シスチンの特徴

L-シスチンは、L-システインが2つ結合してできたアミノ酸です。

ケラチンというタンパク質を構成し、髪や爪に多く存在します。

働きとしては、シミの原因、メラニンの生成を抑制する働き。

ターンオーバーを促す働きがあるため、美肌、美白効果がある成分です。

L-システインの特徴

L-システインは、言わずと知れた美白有効成分です。

L-システインも、髪や爪、そして肌に含まれています。

ビタミンCと合成することで、始めて美白効果が得られます。

メラニンを抑止し、肌の代謝を促進する働きです。

シミ・そばかすに対する、予防効果とアフターケアを兼ね備えた美容成分です。

また、L-システインは二日酔いの緩和にも効果があります。

アルコールを代謝する時にできる有害物質、アセトアルデヒド。

L-システインはアセトアルデヒドを無毒化するサポートをします。

そのため、二日酔いの症状にも効果的なんですね。

名前も似ていて働きも同じですが、厳密に言うと若干違うのがL-シスチンとL-システインです。

シミ・そばかすの種類

肌を気にする女性

シミ・そばかすには、いくつかの種類があります。

老人性色素斑

年月をかけ、繰り返し紫外線を浴びることにより起きるシミです。

シミの中で、もっとも多いタイプ。

改善には、L-システインやビタミンCが効果的です。

炎症性色素沈着

ニキビ、虫刺されなど、肌が炎症を起こした後に残ってしまう色素沈着のこと。

改善にはL-システインやビタミンC配合のものがお勧めです。

そばかす

小さな斑点が、顔全体に出るのが特徴。

遺伝的なものが多く紫外線の影響で濃くなることも。

やはり、L-システインとビタミンCが有効成分です。

肝斑

頬骨を中心に、左右対称に出来るシミ。

女性ホルモンが大きく関わっているとされ、近年注目されています。

改善には、トラネキサム酸が配合されているものが有効ですが、L-システインやビタミンCも一緒にとることで、更に効果が増します。

L-システイン配合!市販の美白サプリメント・医薬品

市販(薬局・ドラッグストア)の美白サプリを比較して紹介

ここからは、市販のL-システイン配合のサプリメント&医薬品をご紹介していきたいと思います。

ポーラ・インナーロック 60粒 6,696円(税込)

POLA ホワイトショット インナーロック

1日2粒摂取することで、体の中から透明感を向上させるサプリメントです。

こちらのサプリメントの最大の特徴は、オリジナル成分「ブランノール(R)」。

インド中南部からスリランカにあるインドキノキという樹木から抽出された、ポーラ独自の成分です。

ブランノール(R)は、美白効果と抗炎症効果が高いのですが、何とL-システインやトラネキサム酸の約70倍もの効果があります。

また、抗酸化効果で言えば、メロングリソディンという成分も配合されています。

レディ・ガガが使っていると注目された成分です。

傷みにくく品種改良されたメロンの成分を抽出しただけあって、パワフルに活性酸素に対抗してくれます。

顔のみならず、体も透明感を出したい方、従来の美白サプリメントに満足されていない方にお勧めです。

>>POLAホワイトショットインナーロックの詳細はコチラ

L-システインハイシステインC(now社・ナウフーズ)100錠 1,763円(税込)

注)価格はAmazonの価格

1日1~3粒を目安に服用するサプリメントです。

アメリカ産のサプリメントのため、L-システインや他の成分の配合量が多いのが特徴です。

何と、一粒に500mgもL-システインが入っています。

また、価格も安く、飲み続けやすいのも魅力。

とにかく配合量が多いので、効果も割と早く体感できます。

ただし、海外製なので日本の安全基準で作られている訳ではありません。

また、少々粒が大きいため、錠剤タイプが苦手の方には不向きと言えるでしょう。

とは言え、手頃にシステインサプリを試したい方や、美白効果を短期間に実感したい方にはお勧めのサプリメントです。

L-システイン アイハーブ 60カプセル 1,533円(税込)

注)価格はiHerb参考価格

1日1カプセルの摂取か、かかりつけの医師の指示で服用することが説明書きされているサプリメントです。

過剰なメラニンの生成を抑制し、出来てしまったシミの排出を促します。

ビタミンCと一緒に摂取することで、より効果的。

NアセチルLシステイン オオサカ堂 60錠 2,309円(税込)

ライフエクステンション社が発売しているサプリメントです。

エイジングケアの他に、デトックス効果があるのが特徴です。

1回1粒を目安に、1日1~3回服用します。

レバリズム・L 90粒入り 5,980円(税込)

1日3粒を目安に摂取するサプリメントです。

シスチンが配合されていて、L-システインに変換されます。

その他に、ビタミンE、ビタミンB2、9種類の必須アミノ酸が配合されているなど、栄養豊富なサプリメントです。

このサプリメントのお勧めポイントは、美白効果のあるシスチンの他にもうひとつあります。

皆さんは、スクワレンという名前を聞いたことはありませんか?

サメの肝臓に存在する成分です。

スクワレンは、肌の細胞を元気にし、代謝を促進する効果があります。

また、免疫力の向上、抗酸化作用にも優れています。

スクワレンの働きにより肌のバランスが整い、肌力の底上げに繋がります。

シスチンとスクワレンの相乗効果で、美肌に導くサプリメントと言えるでしょう。

L-システイン副作用(過剰摂取は肝臓に負担をかけ白髪が増える恐れも)

美白サプリの副作用

L-システインは、美白効果も高く、比較的副作用の報告がない成分です。

しかし、先程も触れましたが、上限量を超えて過剰に摂取してしまうと白髪が増えるという副作用の報告は実際あります。

L-システイン副作用で白髪が増えるメカニズム

髪の毛は、メラニン色素によって黒い色をしています。

L-システインは、メラニン色素の排出を促す効果があるため、部位に関係なく作用してしまうのです。

L-システイン副作用で白髪を予防するにはビオチンを摂取

L-システイン副作用を予防する対応策は、ビオチンの摂取です。

ビオチンの美容効果で、髪と頭皮をケアしておくことが、副作用の軽減、防止に繋がります。

L-システインを飲んだからと言って、必ずしも白髪が増える訳ではありません。

薬でも何でもそうですが、副作用が出てしまうのはごく僅かです。

また、摂取量の多さが問題であることもあります。

飲み過ぎにさえ気をつければ、何の問題もありませんので、用量を守って服用しましょう。

 

おすすめ美白サプリランキング※L-システイン配合でシミそばかすに効く

  価格 用法用量 評価
ホワイピュアホワイピュア 1,900円 1日2回
1回3錠
ロスミンローヤルロスミンローヤル 1,900円 1日3回
1回3錠
キミエホワイトプラスキミエホワイトプラス 1,900円 1日3回
1回1錠
ミルセリンホワイトNKBミルセリンホワイトNKB 2,200円 1日2回
1回3錠
ハイチオールCホワイティアハイチオールCホワイティア 4,860円 1日2回
1回2錠

1位 ホワイピュア

ホワイピュア

ホワイピュアの特徴・価格

ホワイピュアは、180錠入り1,900円(税抜)の第3類医薬品です。

1回2錠、1日2回摂取する、L-システイン製剤です。

1瓶で、30日分の計算になります。

粒も小さめで飲みやすく、ストレスがかかりません。

第3類医薬品ということで、美白効果が承認されている商品です。

シミ、そばかすに対して、治療レベルで効果を発揮します。

特徴は、体の中からシミ、そばかすの出来にくい体質に整えるほか、何と言ってもL-システインではないでしょうか。

L-システイン以外にも、ビタミンC、ビタミンEが配合されていて、シミそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制します。

また、コラーゲンの生成や新陳代謝の促進を促し、メラニンの排出も協力にバックアップします。

服用して1~2ヶ月、肌の調子が良くなり、肌のトーンが明るくなったら効いてるサイン!

積極的にシミ、そばかすに向き合いたい方には特にお勧めです。

ホワイピュアの効果・効能・成分

ホワイピュアは、肌の生まれ変わりを整えることで、無理なくシミの排出を促す美白医薬品です。

そのため、シミそばかすや、ニキビなどの炎症に伴う色素沈着の改善に効果的です。

ホワイピュアのL-システイン1日摂取量は、240mg。

ビタミンCはおよそ1,000mg。

天然型ビタミンEは、50mgとなっています。

その他、ビタミンB2は6mg、ビタミンB6は12mgと、シミそばかすの肌悩みに止まらず、肌の基盤を整える成分が豊富に含まれています。

ホワイピュアの口コミ

すっぴんに自信が持てるようになった。
実年齢より若く見られた。
2週間あまりで、シミが薄くなったきた。
2ヶ月継続して、ハリと透明感のある肌に。副作用もなく安心して飲める。

などの口コミがあります。

ホワイピュアの購入はコチラ

2位 ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの特徴・価格

1瓶270錠1,900円(税抜)、第3類医薬品です。

1日3回、1回3錠なので、1瓶で30日分となります。

価格は、公式サイトにて限定価格がありますのでご覧下さい。

特徴は、女性用保険薬という医薬品であること。

高い美容効果で、肌にアプローチしてくれます。

シミそばかすへの美容効果だけではなく、小じわへの効果も確認されています。

女性特有の悩みでもある、冷え性、肩こり、腰痛などにも効果的。

女性のあらゆる不調に対応できる商品と言えるでしょう。

ロスミンローヤル効果・効能・成分

効果効能は、シミそばかす、小じわ、ニキビなどの肌荒れに有効です。

また、血流改善効果があるため、冷え性、手足の冷え、肩こりの改善にも効果があります。

成分は、1日分摂取量換算で、L-システインが160mg。

その他に、ローヤルゼリー50mg、ビタミンC180mg、ビタミンE散(50%)50mgなどが含まれています。

ロスミンローヤルの成分で特徴的なのが、トウキやシャクヤクなどの9種類の生薬成分が含まれていること。

肌への効果は迅速に行いつつ、血流改善などはじっくりと腰を据えて行うことで、確かな効果へとつなげていきます。

ロスミンローヤルの口コミ

飲み始めて肌荒れをしにくくなった。
冷え性が改善され、ニキビが出来なくなった。
肌にいいサプリだとは思うが、しわが消えるという事はなかった。
3ヶ月飲み続けた結果、目の下のシミが薄くなった。

などがあります。

ロスミンローヤルの購入はコチラ

3位 キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスの特徴・価格

1瓶93錠入り、1,900円(税抜)、第3類医薬品です。

1日3回、1回1錠ですので、31日分服用できます。

価格は、初回限定価格があります。

商品特徴はL-システインの配合量が多いこと、パントテン酸カルシウムが配合されていることがあります。

1回1錠のため、ストレスを感じることなく続けやすいのも魅力です。

長年の実績が評価されている商品で、リピータが多いのも特徴。

安心な商品である証とも言えるでしょう。

キミエホワイトプラスの効果・効能・成分

効果効能は、シミそばかす、日焼けなどの色素沈着、ニキビなどがあります。

L-システインとアスコルビン酸の働きにより、黒色メラニンの生成を抑制し、代謝を促進することでメラニンの排出を助けてくれます。

また、パントテン酸カルシウムも代謝を促す成分なので、シミなどの色素沈着だけではなく、ニキビの治療にも効果的です。

成分は、L-システインが240mg、アスコルビン酸が500mgと高配合です。

パントテン酸カルシウムは24mg配合されています。

キミエホワイトプラスの口コミ

肌色が明るくきれいになった。
1ヶ月服用し、くすみが気にならなくなり、シミも薄くなった。
左右対称のシミが出来てしまい、数日飲み続けてみたが、まだ効果が実感できない。

などがあります。

キミエホワイトプラスの購入はコチラ

4位 ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBの特徴・価格

180錠希望小売価格2,200円(税込)、第3類医薬品です。

1日3回、1回2錠の摂取量となります。

価格は、希望小売価格なので、購入先によって販売価格は違います。

第3類医薬品のため、肌への効果が高い商品になります。

新陳代謝を促進し、3つの働き(メラニンの生成抑制・メラニンの無色化促進・メラニンの排出促進)でシミにアプローチしていきます。

ミルセリンホワイトNKBの効果・効能・成分

効果効能は、シミそばかす、日焼け、かぶれによる色素沈着の緩和

ニキビ、湿疹にも効果があります。

成分は、L-システイン240mg、ビタミンCが1,000mg配合されています。

また、ビタミンB2が6mg、ビタミンB6が12mg、ビタミンEが50mg含まれています。

ビタミンC1,000mg配合は、システインサプリでもトップクラスの配合量です。

ビタミンB、ビタミンEは、ターンオーバーを促進させる効果があり、L-システインの働きを強力にバックアップします。

シミのみならず、ニキビへの評価が高いのもミルセリンホワイトNKBの武器です。

いかに美容成分がバランス良く配合されているかが分かりますよね。

ミルセリンホワイトNKBの口コミ

服用2週間で、おでこの細かいニキビが少なくなった。
肌色が明るくなり、ファンデーションの色をワントーン明るくした。
値段の割に効果を感じられるのがいい。
1日3回服用するのが少し面倒

などがあります。

いかがでしたか?

美白ケアをし続けていると、化粧品だけでは満足いく効果が感じられなくなる時が来ます。

その時には、インナーケアをお勧めします。

しかも、サプリメントではなく美白医薬品を強くお勧めしたいです。

効果もさることながら、やはり安全、安心にケアしたいものです。

美白は長い目で見なければいけないケアですが、インナーケアも活用して、効率よく美白ケアをしていきましょう!

ミルセリンホワイトNKBの購入はコチラ

5位 ハイチオールCホワイティア 120錠 4,860円(税込)メーカー希望小売価格

ハイチオールCホワイティア

ハイチオールと言えば、L-システインが代名詞。

特に、ハイチオールCシリーズは、シミ、そばかすケアに特化しています。

シミに効く有効成分、L-システイン、ビタミンC、パントテン酸カルシウムが配合されています。

シミ、そばかすを「防ぐ」「消す」「出す」の3つのポイントで、体の内側から働きかけます。

ハイチオールCホワイティアの特徴・価格

180錠希望小売価格4,860円(税込)、第3類医薬品です。

1日3回、1回2錠の摂取量となります。

ハイチオールCホワイティアの口コミ

ハイチオールCホワイティアを服用して2週間で、白髪が生えてきました…。
体質に合わなかったのか、蕁麻疹ができました。飲むのを中止したら治ったので、この商品を使用したからなったのだと思います。
肌が少しツルッとした感じがあります。
値段がちょっと高いです。正直もっと安くて効果がある美白医薬品はたくさんあります。。

などがあります。

イチオシ 飲む日焼け止め 雪肌ドロップ

雪肌ドロップ

雪肌ドロップの特徴・価格

1袋60粒入り1,980円(税別)、1日2粒目安で服用します。

価格については、キャンペーンもあるので公式サイトをご覧下さい。

商品特徴は、主成分のニュートロックスサン。

シトラス果実とローズマリーの葉から抽出された天然ポリフェノールでケアするので、肌にとても優しいです。

飲む日焼け止めと位置づけられています。

雪肌ドロップの効果・効能・成分

効果効能は、シミそばかすの予防、シミそばかすなどの色素沈着の改善などがあります。

配合成分、ニュートロックスサンは、高い抗酸化作用が特徴です。

そのため、活性酸素を除去する作用に優れ、肌の酸化を防ぎます。

酸化は、メラノサイトの活動と関係しています。

メラノサイトへの働きかけを抑制することで(活性佐生の除去)、シミの元を絶つ作用になるため、美白ケアへと繋がります。

成分は、ニュートロックスサン(天然ポリフェノール)、コラーゲンペプチド。

年齢で減っていってしまう、コラーゲン、ビタミンC誘導体も配合されています。

また、植物性のプラセンタも配合。

アミノ酸、ミネラル、ビタミンがバランス良く配合されているため、肌本来の美しさに導きます。

雪肌ドロップの口コミ

日焼け止めを塗ったり、落とす必要がないので、とても便利!
肌荒れを起こさなくなった。
日焼け止めを塗ると肌荒れを起こすので雪肌ドロップに変えた。 紫外線を浴びても、日焼けしにくくて気に入っている。

などがあります。

雪肌ドロップの購入はコチラ

 

いかがでしたか?

美白ケアをし続けていると、化粧品だけでは満足いく効果が感じられなくなる時が来ます。

その時には、インナーケアをお勧めします。

しかも、サプリメントではなく美白医薬品を強くお勧めしたいです。

効果もさることながら、やはり安全、安心にケアしたいものです。

美白は長い目で見なければいけないケアですが、インナーケアも活用して、効率よく美白ケアをしていきましょう!

L-システイン配合!
おすすめの美白サプリはこちら

美白サプリランキング

プラセンタサプリ「FUWARI(ふわり)」

ホワイピュア

マスターホワイト

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

POLAインナーロック

-美白サプリ効果

Copyright© 【美白サプリ】ランキング1位はコレ!おすすめ色白サプリの効果&口コミ , 2018 All Rights Reserved.