美白サプリ効果

夏におすすめ!美白サプリで夏の紫外線をカットして白い肌をキープ

更新日:

夏におすすめ!美白サプリで夏の紫外線をカットして白い肌をキープ

楽しいはずの夏、だけど紫外線を浴びるのは怖くありませんか?

紫外線はケア次第で美肌を守る事ができるのです。

特にシミやそばかすが目立ち始めるのは、夏以降のケアが勝負です。

お肌のケアを疎かにしていると、どんどんお肌の奥からシミやそばかすが出始めてきます。

お肌のメカニズムや紫外線の恐怖、美白のケアの方法はどのようなものがあるのでしょうか。

ランキング1位!
美白サプリはこちら

 

夏に美白ケアが必要な理由とは?

あらためて、夏に美白ケアが必要な理由をご説明します。

日焼けを避ける理由

日焼けは夏だけするものだと思っていませんか?

実は、紫外線と言うのは、日中ならば一年中通して出続けているのです。

夏の美肌ケアは、真夏が来る前にからケアをしておきましょう。

特に夏の日差しはとても強く、もちろん紫外線が強いため、日焼け止めを塗らないと、せっかくの美肌にシミやそばかすが増えてしまいます。

夏は日中の太陽が出ている時間がとても多い分、紫外線を放射している時間が長いので、知らず知らずのうちに歯だの奥深くまで紫外線が届いていることが多いです。

家の中や日陰にいても、自然と紫外線を浴びていると言っても過言ではありません。

また、夏の季節が到来したの期にケアを始めるともう手遅れです。

一年中紫外線を浴びているのですから、一年中美肌ケアが必要です。

シミやそばかす

シミやそばかすは年齢を重ねるからこそできると思っている人が多くいます。

これは勘違いするところで、美肌を維持するケアができていないと肌年齢がだんだん衰えてきます。

また10代をピークに肌の再生する力(ターンオーバー)がどんどん遅くなっていくため、若いうちからのケアが必要なのです。

特に紫外線を浴びた肌がダメージを受けやすく、シミやそばかすの元になる「メラニン」の形成が活性化してしまいます。

そのダメージを受けた肌が、肌の再生を使用と修復する力が出て来るのですが、その代償として、体を錆びさせる「活性酸素」が増加してしまいます。

もし活性酸素が増加してしまうと、せっかくお肌を再生したはずなのに、活性酸素によってお肌が老化してしまう羽目になります。

夏の紫外線は肌老化を早めてしまうので、日頃からケアをしていく必要があります。

小じわ

「最近小じわが増えてきた」と感じている人が多く「歳のせい?」と思っていませんか?これは乾燥肌が紫外線によって加速している証拠でもあります。

特に夏の乾燥肌が重症化する前に、美肌ケアを行いましょう。

乾燥肌が加速すれば水分量が極端になくなり、小じわが増えてしまいます。

小じわがいったん増えてしまうと、なかなか回復しずらくなってしまいます。

肌の構造は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つのミルフィール状の構造になっています。

この3つのミルフィールの構造が崩れてしまうと、水分量や皮脂量など、大切な成分が放出されてしまうことで乾燥肌になります。

乾燥肌は肌のバランスが崩れていることで、紫外線がこの表皮までUVBと言われる波長により紫外線が表皮まで届き、、メラニンを過剰に作らせる働きがあり、皮膚癌にもなりやすくなります。

小じわを日頃からケアしていけば、紫外線の強い夏を乗り切れることができます。

>>これまで受けた紫外線ダメージを解消!美白効果が認められた美白医薬品はこちら

 

紫外線の恐怖・危険性

注意

ここからは、紫外線の恐怖や危険性についてご説明します。

光による肌の老化

実は生まれた時から紫外線を浴びせられています。

知らずとはいえ、日頃から紫外線を予防をしておく必要があります。

特に夏のような強い日差しの時は、紫外線がとても強いです。

紫外線には「UVA」と「UVB」と言われる太陽光線が出ています。

UVAはシミそばかすの原因となるメラニン色素を活性化させるエネルギーを持ち、UVBは日焼け後の皮膚の遺伝子を傷つけるほどの強い力があり、細胞を傷つけるため皮膚がんになる原因にもなります。

肌の老化はのみだけでなく、細胞の遺伝子レベルにまで到達するほど強い力があります。

肌のバリア機能低下

紫外線を浴びると、皮膚バリア機能が低下します。

そもそも肌の皮膚というのは、雑菌や水分や皮脂の調整、紫外線を防御するための機能があり、これが皮膚バリア機能と呼ばれています。

バリア機能が低下すると、シミやそばかすはもちろん、乾燥肌や肌の弾力性など失い、肌が老化してしまいます。

肌のバリア機能は、生活習慣や加齢などが原因でもありますが、紫外線を直接肌が触れる事でバリア機能低下が進んでしまいます。

美肌を維持するためにも夏のケアはより一層しなくてはいけません。

ほうれい線

年齢の割にはほうれい線があると老けて見えることありませんか?

紫外線は、やがてほうれい線になる性質があるため、若いうちから紫外線予防をする必要があります。

紫外線の波長は「A派」と「B波」がありますが、A波よりもB波は短いですが、肌のメラニンサイトという組織に刺激を与え、メラニン色素のの過剰分泌が始まります。

このB波はシミやシミそばかすの原因になるのです。

またA波の波長が長く、肌の奥深くまで刺激を与え、肌組織の細胞そのものを破壊する力があり、これがほうれい線の原因です。

お肌のたるみ

紫外線の肌トラブルと言えば、シミそばかすの原因と思われがちですが間違いです。

実は紫外線を浴びるとお肌のたるみが出やすくなり、老け顔になってしまいます。

夏の美白ケアや夏が終わったから安心などしていられないのです。

紫外線を強く浴びるとメラニン色素が大量に発生し、それと同時に活性酸素を増加させてしまうのです。

活性酸素は「体のサビ」とも言われ、お肌の表面が「過剰皮脂化」になってしまうため、お肌がたるんでしまうのです。

日頃からUVスキンケアをこまめにすることで、お肌のたるみを防止することができます。

人間の肌は18歳がピーク

「まだ20代だし、まだ若いから大丈夫!」と安心してはいけません。

なんとお肌のピークは18歳です。

10代の後半のうちにお肌の将来は決まってくるので、早めに紫外線対策をしなくてはいけません。

10代の頃と言えば、通学時や外での部活動、夏休みのプールや海などで泳ぐことが多いです。

若い時は、日焼けで真っ赤になってしまったり、わざわざサロンで肌をこんがりと焼いたりしている人が多いです。

歳を取ると後からしわ寄せがきて、日焼けしていない人よりも日焼けをしたことがある人の方が、歳を取るごとに顕著に現れてきます。

~これまで受けた紫外線ダメージを解消!美白効果が認められた美白医薬品はこちら~

 

美白におすすめのサプリメント

ホワイピュア

夏のケアなど日頃からのスキンケアと言えば、日焼け止めをイメージする人が多いです。

「日焼け止めを塗り忘れてしまった」という心配や敏感肌でも気になりません。

サプリメントでも紫外線を防御することができます。

美白ケアの特徴は、サプリメントを服用するだけで紫外線対策になることです。

紫外線というのは、目からも侵入しているという事実を知らない人がいます。

知らずのうちに入り込んだ紫外線は、どんなに日焼け止めを塗っても体内から害を受けてしまい効果が薄れてしまいます。

美肌サプリメントのほとんど含まれている成分の「Lシステイン」の働きで、メラニン色素の過剰分泌を防御してくれる効果があります。

さらにLシステインの特徴は、解毒作用もある事から肝臓機能をアップさせてくれる効果もあります。

紫外線は年中浴びていることから、美白サプリメントで成分を補えば、夏の強い紫外線を浴びてしまっても、メラニン色素を作り出しにくい肌を作ってくれるため、シミそばかすを作り出すこともありません。

美肌サプリメントを服用するだけで紫外線が怖くなくなります。

Lシステインを配合!ホワイピュアの購入はコチラ

 

美白におすすめの美容液

C-マックスローション

美肌を保つ為にも、どうせなら美白効果や紫外線対策に必要な美容液を使いたいものです。

紫外線対策に食事などでも気を付けたいものですが、正しいスキンケアを考えるならな、美白に効果のある紫外線対策ができているを選びましょう。

美容液は一般的なものではなく、UVケアが含まれている成分を選ぶことが大切で、美白効果のあるアンチエイジング効果のある物を選ぶことが大切です。

一年中浴び続けている紫外線は、休日など自宅にいる時のようにノーメイクの時でも浴びせられているのです。

朝晩のスキンケアに美白用の美容液を使う事で、いろんなトラブル肌になりにくい肌に蘇ることができます。

美容液は保湿効果やお肌の引き締め効果など、お肌のサイクルを整えてくれる効果があります。

美白におすすめの美容液の詳細はこちら

 

美白におすすめの塗る日焼け止め

 【SPF50+ / PA+++】超低刺激だから日常使いのできる日焼け止めクリーム 【ロベクチン プレミアムUVディフェンス】

紫外線対策をしたいけど、美白効果に期待できるものを選びたいものです。

塗る日焼け止めはSPF50+/PA+++で低刺激性のある物を選ぶことで、美白効果と紫外線対策ができます。

従来の日焼け止めは何度も塗りなおしが必要だったり、時間や量を消費してしまいます。

また夏には汗や水に弱く、化粧下地として使ったとしても化粧崩れが目立ち、その隙間から紫外線が入り込むことで、UVケアの効果が薄れてしまいます。

塗る日焼け止めは、化粧下地として使える物や、汗や水に強いもの、サラサラタイプの物を選びましょう。

夏の強い日差しは紫外線の種類であるUVA、UVBによるお肌の表面の皮膚や皮下組織のトラブルを防御します。

また紫外線によって発生する小じわの原因になる乾燥肌対策で保湿ケアができます。

においやべたつきもなく、サラサラした使い心地は塗る日焼け止めで美白の対策ができます。

美白におすすめの塗る日焼け止めはこちら

 

美白効果がある飲む日焼け止めサプリがおすすめ

雪肌ドロップ

飲む日焼け止めの特徴・効果・必要な理由・夏の紫外線にどのように役立つのか?について説明してください。

美容液や日焼け止めでは限界。

日焼け止めはムラができて完全には紫外線を防ぎきれないことを説明してください。

美白もできる日焼け止めサプリの紹介とその成分・効果を説明してください。

せっかくの楽しい夏は海に行ったりプールに行ったりしたいけど紫外線が怖いですよね?最も効果がある美白効果は何でしょうか。

美白効果や日焼け止めは飲むサプリメントがおすすめです。

塗る日焼け止めや美容液といったタイプはお肌に直接つけるタイプの物でUVケア効果がありますが、塗り方次第で塗りムラがあったりして限界があります。

また日焼けをしたあとの対策としては効果が期待できません。

紫外線は直接お肌の奥深くまで傷をつけてしまい、お肌の再生をするには時間がかかってしまうものです。

特に日焼けをしたお肌は傷ついた細胞や炎症が起こり何かしらトラブルがあります。

飲むサプリメントは日焼け防止や美焼け後の対策のほか、一年を通じて服用することで美白を保つ効果があります。

おススメできる「雪肌ドロップ」は、1日2粒ほど飲むだけで4~6時間の持続効果と、およそ50%の紫外線をカットできます。

紫外線を浴びた後に体内に発生する「活性酸素」が、よりシミやそばかすを活性化させてしまう場合もあります。

しかし、雪肌ドロップの有効成分である「ニュートロックスサン」は抗酸化作用があり、肌に起きた炎症を鎮静させる効果や、体内の炎症をも鎮める働きがあります。

万が一、真夏の紫外線による日焼けをしてしまったとしても、後から美白ケアとして服用すれば、お肌のターンオーバーを早め、美肌を取り戻すことができます。

他にもビタミンやアミノ酸、コラーゲンペプチドなどのお肌の健康素を促進する成分が含まれ、お肌のアンチエイジング効果もあります。

雪肌ドロップの購入はコチラ

美白サプリランキング

プラセンタサプリ「FUWARI(ふわり)」

ホワイピュア

マスターホワイト

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

POLAインナーロック

-美白サプリ効果

Copyright© 【美白サプリ】ランキング1位はコレ!おすすめ色白サプリの効果&口コミ , 2018 All Rights Reserved.