美白サプリ効果

ビタミンCとは?シミそばかすに効く美白成分!ビタミンCの効果・口コミ・副作用

投稿日:

もくじ

ビタミンC(アスコルビン酸)とは

とは

ビタミンCは別名L-アスコルビン酸と呼ばれるビタミンで、肌や粘膜の抗酸化作用を持つ栄養素で肌にハリを持たせ、シミを予防する美白効果があることで知られています。

空気中の大気汚染や紫外線によるダメージからも肌を守る働きをするので、美白ケアを考えたときには、まず一番最初に摂るべきビタミンでもあります。

さらに風邪を予防する際や、引き始めなどにもビタミンCを摂る人も多いですよね。

それは、抵抗力や免疫を高めるためです。

ビタミンCはこのように肌だけではなく体に対しても様々な働きをし、効能を与えてくれます。

水溶性のため、摂りすぎて過剰摂取となり副作用が起こる、という心配がないので、肌や体のためにも積極的に取りたい栄養素です。

もちろん、食事で摂りきれない場合や、毎日ビタミンCを摂るのは難しいという時にサプリメントで補っても過剰摂取の心配がありませんから、安心ですよね。

肌の外側からだけではなく、内側からも美白ケアをしたい方は、積極的にビタミンCサプリメントを摂ってもいいですね。

水溶性で体外に早く排出される性質があるので、1日に2~3回に分けて、食後に摂取するようにしましょう。

ビタミンCが含まれる食品は?

シミやそばかすなどに悩まされている方は積極的に食べ物から、ビタミンCを摂るようにしましょう。

特に柑橘系のフルーツに多く含まれることは有名ですが、野菜にもビタミンCは豊富に含まれています。

ビタミンCを含む食品は以下のようなものに含まれています。

野菜類

赤ピーマン、カリフラワー、キャベツ、ホウレンソウ、ジャガイモ、さつまいも、ちんげんさい、芽キャベツ、菜の花、ニガウリなど

果物類

レモン、アセロラ、キウイフルーツ、いちご、ネーブル、パイナップル、柿、はっさく、ぽんかん、いよかん、グァバなど

その他

緑茶

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCとともに、近年では、ビタミンCの吸収を良くし、肌にビタミンCを浸透させる働きをするビタミンC誘導体が注目されています。

アンチエイジング、美白ケアに対して有効なことから、ビタミンC誘導体を含むスキンケア商品も続々と販売されています。

誘導体という名前の通り、ビタミンCを誘導し肌に対してビタミンCを浸透させる力を高め、皮膚の中にビタミンC誘導体が浸透すると、
ビタミンCに変化する、という物質です。

ビタミンC誘導体とは、保湿成分で、肌にハリを与え引き締める効果のあるもので、角栓の詰まりたるみ毛穴などにも有効な成分です。

ビタミンCに次いで、近年、アンチエイジング、美白ケアに対して有効なことから注目を集めています。

誘導体、という名前の通り、ビタミンC誘導し、皮膚に対してビタミンCが浸透する力を高める働きをし、
皮膚の中にビタミンC誘導体が浸透すると、ビタミンCに変化する、という物質です。

ビタミンC誘導体とビタミンCとの違いは?

ビタミンCは非常にもろくて壊れやすい成分なので化粧品などで、肌に塗ってもそのまま取り込むことができません。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌に摂り込むために効果的な成分なので、ビタミンC誘導体という名前なのです。

ビタミンCは酸化しやすく、空気に触れると肌に浸透する前にどんどん効果がなくなっていきます。

レモンなどの多く含まれるので、一昔前はレモンの輪切りを顔に乗せるレモンパックなどもありましたが
レモンパックをした後ですぐに日光を浴びると、逆にしみや肌荒れを起こしてしまうことがあります(光毒性)。

そのため、ビタミンC誘導体を使って、肌にビタミンCを摂り込むことが有効なのです。

ピュアビタミンであるビタミンCと比べ安定している成分で、光毒性もなく、朝のスキンケアにビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使っても全く問題がありません。

ビタミンCはコラーゲンの生成やメラニンの生成を抑制する効果があり、皮脂分泌の抑制やターンオーバーを正常化させる働きもあります。

その効果を化粧品などで得るためには、ビタミンCの成分を浸透させなければなりません。

ビタミンC誘導体を使えば、肌の奥までビタミンCを浸透させることが可能なのです。

現状、ビタミンC誘導体はサプリメントの数も少なく、肌に直接ビタミンCを摂り込みたいのであれば
ビタミンC誘導体入りのスキンケアラインを使うようにしましょう。

そして内側からのケアとして、ビタミンCサプリメントが有効となり、外側・内側からのビタミンCによる美白ケアが可能になるのです。

ビタミンCの美白効果・効能・メリットとは?

美白サプリの効果・効能・働き・メリット

[ビタミンCの効果1]シミや色素沈着、そばかすを予防し改善する美白効果

ビタミンCは美容効果が大きく期待できるビタミンの代表的な存在。

私たち人間の皮膚は紫外線によって刺激を受けてしまうと、チロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酵素の働きによりメラニンという黒色色素に変わってしまいます。

すると、シミやそばかす、色素沈着などが起こりシミとなって残ってしまいます。

ビタミンCにはチロシナーゼの働きを抑制し、メラニン色素の沈着によるシミを防ぎます。

それによって、透明感のある肌を維持することができるので、美白効果が期待できるのです。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるので、肌のしわをも防ぐ効果や傷や、やけどの治りを良くする効果もあります。

[ビタミンCの効果2]美肌効果

ビタミンCの働きにターンオーバーの正常化というものがあります。

ターンオーバーは早すぎてしまうと肌細胞が未成熟なまま肌の表面に表れることになるため、刺激を受けやすく肌トラブルも多くなります。

また、遅すぎると、いつまでも古い細胞が残ったままになるため、くすんでしまったり毛穴が広がったりしてしまいます。

ビタミンCを摂ることで、肌のターンオーバーが正常化することで、くすんだ肌が排出され、シミが消えてきれいな肌になります。

くすみの取れた肌はトーンがアップするので、美白肌になるのです。

不自然な白い肌になるわけではなく、自分本来の持っている肌の色が明るくきれいになるので美肌にもなるのです。

ビタミンCを積極的に摂ることで、美白・美肌効果を得られるようになるのです。

[ビタミンCの効果3]活性酸素を抑える抗酸化作用

ビタミンCが持つ抗酸化力は活性酸素の増加を抑えることです。

活性酸素が増えることで、サビついてしまい老化していくからだ、肌に対して抗酸化作用によって、
肌のシミやしわなどによっておこる老化現象だけではなく、動脈硬化や心筋梗塞など心臓血管系の病気の予防にも役立ちます。

また同じように抗酸化作用のあるビタミンEと一緒に摂ることで相乗効果がさらに期待できます。

[ビタミンCの効果4]免疫力を高める効果

風邪をひいたときに「ビタミンCを摂ったほうがいいよ」などといいますよね。

冬至の時の「ゆず湯」に入るのが昔からの慣習ですよね。

ゆず湯に入る意味合いの中にはもゆずが持つビタミンCによって風邪予防、美肌効果という働きがあることも含まれているのです。

風邪をひくと血中のビタミンC濃度が低くなることがわかっていて、回復するにつれて高くなることもわかっています。

白血球は体内に侵入してきた病原菌を攻撃する働きがありますが、ビタミンCはその働きを強める作用もあり、ビタミンCそのものにも病原菌を攻撃し、免疫力を高める効果があります。

ビタミンCによって生成されたコラーゲンが細胞をしっかりと固め風邪などのウイルスを侵入させにくくする、という働きもあるのです。

[ビタミンCの効果5]ストレスを和らげる効果

ビタミンCはドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質の合成、抗ストレスホルモンの副腎皮質ホルモンの合成にも
深くかかわっています。

副腎は腎臓のすぐ上にある器官で多くのホルモンを分泌しています。

そのホルモンを合成するときにはビタミンCを大量に必要とします。

人はストレスを感じると、それに抵抗するために副腎からアドレナリンを分泌し、血圧などを上昇させ防御態勢をとります。

アドレナリンの生成にはビタミンCが使われるので、ストレスを感じるとビタミンCは消費量が多くなります。

つまり、ストレスを緩和させるためにビタミンCが使われるということですね。

ストレス緩和で多くビタミンCが消費されるので、失われてしまう分以上に普段からビタミンCの摂取を意識しておくことが大切です。

ビタミンC以外に美白に効果があるビタミンの種類は?

とは

ビタミンE(コハク酸d-α-トコフェロール)とは

ビタミンEとは、強い抗酸化作用があることで知られ、体に様々な害を与える活性酸素から守る効果のあるビタミンです。

その働きから「若返りビタミン」などとも呼ばれているほど、老化を遅らせる効果が大きく期待できるビタミン。

ビタミンEの血流改善効果によって、全身に血液を循環させることができ、細胞の新陳代謝も活発なることで、皮膚のカサカサ感を改善したり、肌のつやや肌のハリが出てくる、といった効果を期待できます。

肌に色つや・ハリが出るといった効果も期待できます。

さらにビタミンEは、紫外線による害から肌を守る働きがあり、シミやそばかすにも効果的です。

ビタミンEはビタミンCと異なり、そのまま皮膚に浸透することができるので、ビタミンEを配合している化粧品も多く販売されています。

ビタミンEは皮膚に浸透することもできるため、ビタミンEを配合した化粧品も多くあります。

<その他のビタミンと併用すると効果アップ>

特にビタミンCと一緒に摂ることでビタミンEの抗酸化作用をより高めます。

またビタミンAにはビタミンEとビタミンCの働きを長く継続する効果があり、ビタミンEにはビタミンAの酸化を防ぐ作用をもし、併用することでお互いの相乗効果によって働きがアップするビタミンです。

これらを一緒に摂ることでビタミンACE(エース)とも呼ばれています。

<ビタミンEの推奨摂取量>

ビタミンEのうち、最も多く活性が強いものがビタミンEのαートコフェロールです。

食事摂取量の基準においてはαートコフェロールの目安量が1日に必要なビタミンEの量となります。

1日の推奨摂取量は成人男性で6.5mg、女性で6.0mgとされています。

(*参考:厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準 2015年版

<ビタミンEを多く含む食品>

ビタミンEが多く含まれる食材は以下の通りです。

アボカド(1個 250g)・・・6.0mg
はまち(生)・・・4.1
うなぎの蒲焼・・・4.9mg
カボチャ・・・4.7mg
赤ピーマン(2個)・・・ 4.3mg
アーモンド(10g8粒)・・・2.9mg
サフラワー油・コーン油(10g)・・・2.5mg

ビタミンB2(リボフラビン)とは

ビタミンB2とはビタミンB群の一種でリポフラビンとも呼ばれています。

その働きは脂肪燃焼効果、エネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進することで、健康な肌や髪の毛、爪を作る、と発毛や美容にかかわるビタミンでもあります。

また、タンパク質を合成する際にも関係し、細胞の再生、皮膚や髪の毛などを作り出し、全身の健康維持、成長を助けるように働きます。

シミ・そばかす対策にも有効な栄養素です。

<ビタミンB2の1日の推奨摂取量>

ビタミンB2の1日の推奨摂取量は成人男性で1.3~1.6mg、成人女性で1.1~1.2mgとされています。

(*参考:厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準 2015年版

<ビタミンB2を多く含む食品(100gあたり)>

ぶた、スモークレバー・・・5.17 mg
酵母(パン酵母、乾燥)・・・3.72 mg
ぶた(肝臓、生)・・・3.6 mg
うし(レバー、生)・・・3 mg
あまのり(ほしのり)・・・2.68 mg
即席みそ(粉末タイプ)・・・2.59 mg
あまのり(焼きのり)・・・2.33 mg
あまのり(味付けのり)・・・2.31 mg
鶏卵(卵白、乾燥卵白)・・・2.09 mg
パセリ(乾)・・・2.02 mg
まいたけ(乾)・・・1.92 mg
にわとり(肝臓、生)・・・1.8 mg
パプリカ(粉)・・・1.78 mg
ぶた(腎臓、生)・・・1.75 mg

ビタミンB3(ナイアシン・ニコチン酸アミド)とは

ビタミンB3とは、ビタミンB群の1つで、別名ナイアシンとも呼ばれるビタミンです。

ナイアシンは水溶性ビタミンで、ビタミンB群の一種です。

1日に必要とされる量はビタミンB群の中では一番多く、ビタミン類の中ではビタミンC に次いで2番目に多いビタミンになります。

ビタミンB3は体内で他の物質と結びつき、細胞分裂に必要なDNAを作る際に必要となる成分に変化します。

肌は代謝と再生を繰り返し常に生まれ変わっているため、ビタミンB3を摂ることで代謝をサポートし、健康的な綺麗な肌を保てるようになるのです。

ビタミンB3が持つ抗酸化作用も肌の健康を保つ働きがあります。

ビタミンB3を摂り入れることで、シワやたるみ、シミ、くすみなど肌老化に対する効果を得ることができます。

ビタミンC誘導体も同様の美肌効果がありますが、ビタミンC誘導体と比較すると、比較的刺激が少ないのが特徴でもあります。

肌が弱い方はビタミンC誘導体のスキンケア商品よりもナイアシン配合化粧品を選んだほうがよいでしょう。

ニキビ肌にも有効とされているので、スキンケアラインで使用している男性もいるようです。

<ビタミンB3 (ナイアシン)の1日の推奨摂取量>

ビタミンB3の1日の推奨摂取量は成人男性で17mg、成人女性では13mgとされています。

<ビタミンB3(ナイアシン)を多く含む食品(100gあたり)>

まぐろ・・・10~20mg
めんたいこ・・・20mg
かつお・・・20mg
煮干し・・・17mg
いわし・・・15mg
さば・・・15mg
まかじき・・・10mg
めざし・・・10mg
ぶり・・・10mg
豚レバー・・・14mg
焼豚・・・14mg
牛レバー・・・14mg
鶏ささみ・・・12mg
鶏むね・・・10mg
生ハム・・・10mg
干ししいたけ・・・17mg
とうがらし・・・14mg
味付け海苔・・・12mg
わかめ・・・10mg

毎日摂るのが難しい場合はサプリメントを使って手軽にビタミンB3(ナイアシン)を摂取しましょう。

ビタミンB5(パントテン酸カルシウム)とは

ビタミンB5とは別名、パントテン酸とと呼ばれ、エネルギーの代謝を助ける働きをするビタミンB群のひとつです。

抗ストレス効果、動脈硬化予防などの効果があり、全身の細胞において健康を保つためにはなくてはならない大切な栄養素です。

ビタミンB5(パントテン酸)はビタミンCの働きを助ける役割をしています。

ビタミンCによって肌や髪の毛の元となるタンパク質が作られますが、ビタミンB5(パントテン酸)は、コラーゲンを作るときに
必要なビタミンCの作用を助け、髪や肌を正常に保ちます。

<ビタミンB5(パントテン酸)の1日の推奨摂取量>

パントテン酸は大量に摂取しても、健康障害(過剰症)は、ほとんど報告されていません。

成人男性で6.0mg、成人女性は5.0mgとされています。

<ビタミンB5(パントテン酸)を多く含む食品(100gあたり)>

ビタミンB5はいろいろな食材に含まれるので、バランスが取れている食生活を送っていれば、まず不足することはありません。

特にビタミンB5を豊富に含む食材は、動物性食品のレバーや鶏肉、いくらやたらこ、卵などで、植物性食品であれば納豆やきのこ類などに多く含まれます。

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)とは

ビタミンB6とは、ピリドキシンとも呼ばれるビタミンB群の一種で、タンパク質の分解と合成を助けます。

神経伝達物質の合成にも関わり、ホルモンバランスを整える働きをもします。

ビタミンB6は約100種類にも及ぶ酵素の働きを助け、アミノ酸、タンパク質の代謝に関わっています。

皮膚や粘膜の健康を維持するためには欠かせない栄養素の1つです。

ビタミンB6は余分な脂質の代謝を助けていて、過剰な皮脂の分泌を抑えます。

そのためビタミンB6が不足すると、ニキビができやすくなってしまったり、インナードライを起こしてしまうようになります。

また、口内炎や結膜炎なども起こりやすくなってしまうので、ビタミンB6が不足しないようにサプリメントを摂ったり食事に気を付けるようにしましょう。

<ビタミンB6の推奨摂取量>

ビタミンB6の推奨摂取量は成人男性で1.4mg、成人女性で1.2mgとされています。

<ビタミンB6を多く含む食品(100gあたり)>

牛レバー・・・0.89mg
鶏ひき肉・・・0.68mg
鶏レバー・・・0.65mg
鶏ささみ・・・0.60mg
豚レバー・・・0.57mg
鶏むね肉(皮なし)・・・0.54mg
まぐろ(赤身)・・・0.85mg
まぐろ(脂身)・・・0.82mg
かつお・・・0.76mg
いわし(丸干)・・・0.68mg
塩さけ・・・0.58mg
かつおぶし・・・0.53mg
あじ(焼)・・・0.51mg
さば・・・0.51mg
さんま・・・0.51mg
さけ(生)・・・0.49mg
するめ・・・0.34mg
たらこ・・・0.27mg
いか(焼)・・・0.24mg
すじこ・・・0.23mg
いか(生)・・・ 0.20mg
とうがらし・・・3.81mg
にんにく・・・1.50mg
きな粉・・・0.58mg
だいず(乾)・・・0.53mg

マルチビタミンとは

マルチビタミンとは、サプリメントの中で1種類だけではなく複数のビタミンを組み合わせたものをいいます。

ビタミンは単独で摂取するよりもビタミンCにはビタミンAとEを、と組み合わせることで相乗効果を発揮するものが多くあります。

そのためサプリメント各メーカーにおいても配合に工夫を凝らしています。

肌トラブルがある、食生活が乱れているなど、生活で補給できていないなと感じられるものを上手に組み合わせたマルチビタミンを摂ることで
バランスのよい栄養素を補給することができます。

ビタミンCの効果的な飲み方とは?

美白サプリの飲み方

ビタミンCやビタミンB群、Eは摂取後、排泄までのスピードが早いため、1日2,3回に分けて食後に摂るようにしましょう。

特に、ビタミンCは熱にも弱いので、調理することで失われやすいビタミンでもあります。

ビタミンCを意識して食べ物から摂るのであれば、水で洗うときや加熱する際に注意が必要ですから、果物やサプリメントなどで摂るようにしましょう。

ビタミンCの美白のための目安摂取量は?

あなたの状況 摂取推奨量
生後6カ月 40 mg
幼児7-12カ月 50 mg
小児1-3歳 15 mg
小児4-8歳 25 mg
小児 9-13歳 45 mg
10歳代14-18歳:(男子) 75 mg
10歳代14-18歳:(女子) 65 mg
成人(男性) 90 mg
成人(女性) 75 mg
10代の妊婦 80 mg
妊婦 85 mg
10代の授乳婦 115 mg
授乳婦 120 mg

※喫煙者の場合、上記の値に35 mgを加えてる

ビタミンCの目安の摂取期間

ビタミンCは摂取後、排泄までが早いので、体内において貯蓄することができない上に合成もなされません。

そのため美白ケアを考えた場合にも、健康維持のためにも、継続的に摂取することが望ましいでしょう。

ビタミンCを摂るならサプリメントがおすすめの理由

ビタミンCを多く含む食品は熱に弱く、水にも溶けやすいという非常にもろくて壊れやすいものです。

そのため果物であれば、加熱せずに食べられますから、効率的にビタミンCを摂ることができます。

と、同時に美白ケアを考えた時には、1日に2,3回分けてビタミンCを摂ることが望ましいとされています。

お仕事をしている方や忙しくしている方は1日に何度もわけて果物を食べるということは難しいですよね。

ビタミンCサプリメントであれば、手軽にビタミンCを摂ることができます。

何より、ビタミンCの不足時間が少なくて済みますよね。

ビタミンC配合の美白サプリの口コミ・評判

美白サプリの口コミ・評判・評価

ビタミンC配合の美白サプリメントは、美白ケアを内側からしたい!と考えている方にとって、非常に魅力的ですよね。

ビタミンC配合サプリメントを実際に利用した方の口コミをご紹介していきましょう。

<口コミ1>

去年の秋頃にツイッターで話題になってたのを見て藁にもすがる思いで使い始めました。

小学生の頃からずっとニキビで悩んでいて、いろんなスキンケア商品を試したり、皮膚科にも長いこと通っていましたが明らかな効果は感じられませんでした。

こちらのサプリを毎日飲み始めたところ、久々にニキビが一つも無い事が多くなりとても驚きました。

(皮膚科でもビタミンの錠剤を貰っていたのですが、効果はほぼ無し…)

500円代ほどで60日間分、おそらくもうこれ無しには生活できません…もっと早く出会いたかった。

<口コミ2>

今まで1日2回飲んでいましたが1日一回でも全然効果があります。

飲んで1年、確実に白くなったし肌荒れもしない、そして二日酔いの時に飲むと一撃で治ります。
もうないと欠かせないアイテムです。

<口コミ3>

ドラッグストアで購入。

飲み始めてから1か月くらい経ちますが、色が少し白くなった感じがします。

一袋飲みきるまで続けたいと思います。

<口コミ4>

長年愛飲しているサプリです。

飲むと日焼けした肌が夏の終わりから冬にかけて、元の色に戻るスピードが早くなるので効果はあると思います。

お安いですし、お肌のためにこれからも飲みたいです。

<口コミ5>

夜眠る前に1錠だけ飲み始めて一週間がたちました。

友人にも「白くなったね。」や「ニキビ無くなって肌綺麗になったね」と言われるようになりました。

市販のビタミンC配合の美白サプリメント・医薬品※ドラッグストア・通販

販(薬局・ドラッグストア)の美白サプリを比較して紹介

フィス 美白 サプリ ビタミンC サプリメント「シミ・くすみ・そばかす用」「コラーゲン ヒアルロン酸 配合」(WHITH WHITE)※特徴・口コミ

フィス 美白 サプリ ビタミンC サプリメント「シミ・くすみ・そばかす用」「コラーゲン ヒアルロン酸 配合」(WHITH WHITE)

<特徴>

ホワイトホワイトに含まれるビタミンはビタミンC、ビタミンB1,2,6,12で、ほかにはパイナップル果実抽出物、ヒアルロン酸、葉酸が配合されているサプリメントです。

パイナップル果実抽出物には日焼け止めに有効な成分のL-システインに3倍の効果がある、ということで注目を集めています。

<価格>

2000円

<口コミ>

飲み始めて1か月経過しました。

肌色がワントーン明るくなったかな?という感じです。

シミ、そばかすへの効果はまだ感じられませんが、継続するつもりなので期待しています。

高吸収コラーゲンビタミンCサプリ

高吸収コラーゲンビタミンCサプリ

<特徴>

通常のコラーゲンと比較し、吸収性の高い即効型高吸収コラーゲンは明治製菓の独自開発によるものです。

コエンザイムQ10や、ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、ビタミンC,Eを配合。

女性に人気の高い美容成分がぎゅっと1粒に詰め込まれたサプリメントです。

<価格>

150粒 2980円

<口コミ>

驚くような即効性はありませんでしたが、乾燥がひどくなる秋から冬でも、肌のもちもち感がキープできました。

母も飲んでいるのですが、小じわが気にならなくなってきた、と喜んでいます。

かわいいピンクのボトルもまたお気に入りです。

ファンケル ホワイトエッセンス(シミ 剥がれる化粧水)

FANCL(ファンケル) ホワイトエッセンス(シミ 剥がれる化粧水)

<特徴>

ファンケルホワイトエッセンスは、ビタミンC誘導体がメインとなっている美白化粧水です。

メラニンの発生から肌細胞への居座るメラニンまでしっかりとケアして、徹底的な美白を目指すファンケル化粧品のホワイトニングです。

さらに、米良のブライトと白ブドウ発酵エキスが気になるシミに対してアプローチ。

シミの原因となるMIF(紫外線や防腐剤で作られるタンパク質)を抑制します。

高い美白力を持つビタミンCを持続的に働かせるアクティブビタミンCを配合。
メラニンの生成を抑制します。

<価格>

3000円

<口コミ>

合わない美容液を使ったら肌が痒くなることもあるほどの敏感肌です。

でもこの美容液は肌に優しくてずっと愛用しています。

やめたら肌が不安定になったこともあって、それ以来、ずっと使用し続けていますし、これからも続けると思います。

ただ、肌に合ってはいるのですが美白効果は正直よくわかりません。

安心して使えるものがなかなかないので、それだけでも助かっています。

DHC ビタミンC(60日分・120日分) ※ニキビ&ニキビ跡に効く美白効果・口コミ・成分

DHC ビタミンC(60日分・120日分)

<特徴>

DHCのビタミンCは1日に必要な1,000mgのビタミンCが配合。

美容に役立つビタミンB2もプラスされ、この価格は、とてもお得です。

ビタミンCは活性酸素の抑制と抗酸化作用があり、それによって美白効果を得ることができます。

もちろん、ニキビ跡やニキビにも有効。

ハードカプセルなのでビタミンCの酸味が苦手な方でも気軽に飲むことができます。

スポーツや喫煙、ストレスなどによって、ビタミンCは日常生活の中で大量に消費されてしまう上に、水溶性のビタミンのため
体内に貯蓄しておくことができません。

毎日こまめに補給をしていくことが大切です。

<価格>

60日分 120粒 463円

<口コミ>

肌を白くするのに、ビタミンCが良いと教えてもらって購入してみました。

飲み始めて1か月経ちますが、ニキビが減って、肌も以前よりも少し白くなりました!
とても満足です。

DHC 持続型ビタミンC ※ニキビ&ニキビ跡に効く美白効果・口コミ・成分

DHC 持続型ビタミンC

<特徴>

DHCの『持続型ビタミンC』は、失われやすいビタミンCを1日1000mgじっくりと補える栄養機能食品です。

肌のくすみやシミ、ニキビ対策として欠かせない栄養素がビタミンCです。

抗酸化作用を持つビタミンCは水溶性のため、体に貯めておくことができないため、できるだけ不足時間をなくしておきたい栄養素です。

しかし、ビタミンCは脆くて壊れやすい性質なので、一度にたくさん摂っても摂取後に余分な分は排出されてしまいます。

DHCの持続型ビタミンCは失われやすいビタミンCを1000mg配合し、ゆっくりと放出するタイムリリース処方を採用しています。

<価格>

30日分 120粒入り 698円

<口コミ>

口に含むと少し酸っぱい小さめの錠剤で、まだドラッグストアなどのサプリコーナーでは見かけたことがありません。

DHCの直営店にはありますが、1粒250mgのビタミンCなので、喫煙者には足りず・・・。

2000mgは摂りたいので、ほかを探しています。

ビタミンCサプリの選び方とは?ビタミンCだけでは美白効果が半減!

美白サプリの選び方とは?

ビタミンCとL-システインの両方が配合されたサプリを選ぶこと

ビタミンCは脆くて壊れやすいもの、ということはお分かりいただけたかと思います。

それでも肌の美白効果やメラニンの生成を抑える作用や高い抗酸化作用があるので、積極的に摂っていきたいビタミンです。

そのビタミンCに加えてL-システインを同時に摂取すると、より高い効果が期待できるとされています。

L-システインは体内に存在する成分ですが、年齢を重ねるごとに、その量はどんどん減っていきます。

健康な肌や髪の毛を作るためにアミノ酸が重要なことは知られていますが、そのためにはL-システインがアミノ酸のサポートが必要不可欠です。

アミノ酸の生成を助け肌の新陳代謝をアップ。

また美白のために欠かせないコラーゲンの生成も促進してくれるため、継続的に飲むことで紫外線から肌を守り、メラニンの発生をしにくい肌へと変化することができます。

そのL-システインと同時に併用することで相乗効果がアップするのがビタミンC、さらにビタミンB6です。

特にメラニンの生成を防ぐためにはビタミンCと一緒に摂ることが大切で、肌の免疫力も高まりコラーゲンの生成が促進されます。

ビタミンCはもろくて壊れやすいものなので、サプリメントで摂ることがマスト。

その時にはL-システインも配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

海外の美白サプリ&医薬品は危険!

海外のサプリメントやコスメ情報を見ていると、美白ケア重視のものがかなり多くありますよね。

それをみて、個人輸入を考える方もいるかもしれませんが、
海外サプリメントやコスメを個人輸入で購入するのは危険です。

特にお隣、韓国は美白ケアに関するコスメやサプリメントは大人気なので、韓国コスメやサプリが気になる気持ちもわかります。

実際、日本では韓国の美白サプリメントやコスメは浸透しつつありますよね。

しかし、日本ではサプリメント類の個人輸入に対して日本の薬事法によって管理されていないため保証がない、とはっきりと明記されています。

<出典:厚生労働省(医薬品等を海外から購入しようとされる方へ)

個人輸入においてサプリメント類を購入したとしても、効能や効果、容量、用法や使用上の注意等が、日本語以外で記載されているので、記載内容をきちんと正確に理解できる人は少ないでしょう。

仮に理解できた、としても規制当局によって認可を得ていない成分などが含まれていることもあります。

また、人種的に似ていても生活習慣、生活環境、食習慣は異なりますから、副作用が起こる可能性もあります。

日本人には日本人の体質や肌に合うサプリメントがあるので、まずは国産品の信頼がおけるものからビタミンCを摂ることを優先的に考えましょう。

美白サプリ&医薬品おすすめランキング※ビタミンC・L-システイン配合でシミそばかすに効く!かつプチプラで安い♪

1位:ホワイピュア

ホワイピュアは効果の実感がいつできるのかわからないわからないサプリメントと異なり、飲むだけで効果を得られる第3医薬品です。

しっかりとした科学的根拠の元に作られているのが医薬品なので、なかなか消えることのないシミやそばかすなど美白ケアを内側から考えた時に大きく期待することのできる美白サプリメントです。

ビタミンCの含有量が多く1000mgも配合。

さらにビタミンCと併用することで美白効果がアップするL-システインを240mgも配合されているので、メラニンの生成を抑制し、抗酸化作用がアップするビタミンEも配合されています。

ビタミンC、L-システイン、ビタミンEなどによってシミやそばかすなどの肌トラブルにアプローチし、
肌本来の美しい白さを取り戻します。

シミやストレスなどによって起こる肌トラブルは顔だけではなく手の甲や足の甲、首といったちょっと目立つ部分のシミに対しても効果が期待できます。

サプリメントですから、肌だけではなく身体の健康維持に対しても効果的な美白医薬品です。

<主な有効成分>

アスコルビン酸(ビタミンC)、L-システイン、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、コハク酸d−α−トコフェロール(天然型ビタミンE)

<内容量>

120粒

<価格>

通常価格 5,800円(税抜)
初回価格 2,900円(税抜) 送料・手数料無料
定期価格 4,930円(税抜)

2位:雪肌ドロップ

飲む日焼け止めサプリメントとして注目を集め始めているサプリメントが雪肌ドロップです。

紫外線防護作用のある成分ニュートロックスサンを主成分とし、内側から日焼け止めとして働きます。

ファンデーションのように顔に直接塗るわけではないため、絶対に失敗しない紫外線対策になります。

抗酸化力の強いシトラス果実成分、ローズマリーの葉の抽出成分を特殊配合。
それによってつくられた天然のポリフェノールエキスであるニュートロックスサンによって
飲む日焼け止めを実現しているサプリメントです。

ニュートロックスサンの強い抗酸化作用によって活性酸素によるシミやくすみ、ニキビの発生を防ぎます。

通常のサプリメントは食後に飲むことが多いのですが、雪肌ドロップは「外出する前に飲むこと」を推奨しているサプリメントです。

普段のUVケアと併用することで、UV効果がさらにアップ。

外側と内側から紫外線ケアに対してアプローチします。

<主な有効成分>

ニュートロックスサン、植物プラセンタ、コラーゲン、Nアセチルグルコサミン、Lアスコルビン酸2

<内容量>

内容量:60粒

<価格>

通常価格 7,900円(税抜)
初回価格 1,980円(税抜)
定期価格 6,480円(税抜)

*定期初回は1,980円(送料無料)で74%OFFです。

3位:マスターホワイト

エイジングケア成分や保湿成分がたっぷりと配合されているのがマスターホワイト。

美白ケアにアプローチするLーシステインとアスタキサンチンによって、しみの予防やメラニンの生成を抑制します。

また、美肌に欠かせない要素となる成分もたっぷりと配合されているので、美白だけではなく肌の潤い、透明感、キメなどにもアプローチ。

美白と美白、両方のケアをしたい!という方にぴったりなサプリメントです。

<主な有効成分>

プロテオグリカン、アスタキサンチン、L-シスチン、シルク加水分解物

<内容量>

内容量:120粒

<価格>

価格:10,800円(税込)

4位:POLA ホワイトショット インナーロック

アンチエイジングに対して積極的なケアラインを研究し、評価も高いPOLAから販売されている美白ケアのためのサプリメントです。

美白ケアに対して効果の高いビタミンE含有の植物油やビタミンCなどを配合。

さらに、刺激に負けない肌をサポートするブランノールEXを配合。

傷みにくいメロンであるメロングリソディンを配合することで、老化を食い止める強い力を肌に与えます。

美白だけではなく、肌の健康維持のための有効成分が豊富に配合されているので老化&美白ケアのサポートをします。

小さな粒なので、飲みやすく1日2粒を朝か晩に摂るだけなので、比較的続けやすいサプリメントです。

<主な有効成分>

ビタミンC、ビタミンE、ベイベリーバークS、YACエキス、ミクロブランノールEX、メロングリソディン

※ブランノールはポーラの登録商標です。

<内容量>

60粒

<価格>

6,696円(税込)

5位:ロスミンローヤル

ロスミンローヤルはシミだけではなく小じわに効く医薬品として国内ただ1つの第3医薬品です。

美白に対する生薬や有効成分が多く含まれ、その美白効果が高いことから、日常のスキンケアと合わせて愛飲している人が多く人気の美白&アンチエイジング医薬品です。

シミや小じわに効果のある13種類の有効成分、そして9種類の生薬が1粒に濃縮されています。

市販品のシミ特化商品の有効成分は3,4種類程度の配合となるため、ロスミンローヤルの有効成分がいかに多いかがわかりますね。

シミに対する効能が認められている医薬品はありますが、小じわに対する効能が認められている医薬品は他にないので、シミだけではなく、小じわに悩んでいる人にもおすすめ。

<主な有効成分>

L-システイン、ビタミンB1,B2,B6,B12、ビタミンC、ビタミンE散、メチオニン、ニコチン酸アミド
パントテン酸カルシウム、カルニチン塩化物、安息香酸ナトリウムカフェイン、グリチルリチン酸アンモニウム

<内容量>

270粒

<価格>

通常購入 7,600円
定期初回 1,900円(送料700円)
2回目以降 5,800円

美白サプリランキング

プラセンタサプリ「FUWARI(ふわり)」

ホワイピュア

マスターホワイト

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

POLAインナーロック

-美白サプリ効果

Copyright© 美白サプリ:おすすめランキング1位は?美白効果&口コミまとめ , 2018 All Rights Reserved.